札幌市 中央区 日帰り手術 在宅医療 統合医療は札幌麻酔クリニックまで

〒060-0042
札幌市中央区大通西16丁目1番10号ITCセンタービル4階

札幌市営地下鉄 東西線「西18丁目駅 5番出口」 徒歩1分

  • 麻酔標榜医
  • 麻酔科学会 指導医
  • ペインクリニック 専門医
  • 臨床修練指導医

お電話でのお問い合わせ【完全予約制】

tel.011-633-2525

月・水・金
9:00~12:00、13:30~17:30
火・木
9:00~12:00、13:30~19:00
土・日・祝
休診

G6PD検査

メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら

ご相談などございましたら
お気軽にお問い合わせください

はじめて受診される方へ

開業をお考えの方へ 当院がご支援致します!

お知らせ

女性医師による細やかな在宅医療

採用情報 私たちと一緒に働きませんか?

医療法人 札幌手術センター札幌麻酔クリニック

〒060-0042
札幌市中央区大通西16丁目
1番10号ITCセンタービル4階
アクセス
札幌市営地下鉄 東西線
「西18丁目駅 5番出口」徒歩1分
診療時間
月・水・金9:00~12:00
13:30~17:30
火・木9:00~12:00
13:30~19:00
土・日・祝休診

ご予約・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ【完全予約制】011-633-2525

G6PD検査について

高濃度ビタミンCの点滴を行う上で必要な検査です

高濃度ビタミンC点滴治療とは

G6PD検査とは

高濃度ビタミンC点滴で貧血が起きる体質ではないか調べ、 安全に治療が受けられるか事前に調べる検査です。

G6PD欠損症とは赤血球にあるG6PDという酵素の欠損により、溶血(赤血球が破壊される)が起こる病気です。G6PD欠損症は日本人に希な遺伝性疾患ですが、数千に1人の先天性遺伝性疾患です。しかし、遺伝性G6PD欠損症の患者さんに大量のビタミンCの点滴をすると、重度の溶血性貧血を起こすことがあります。このような合併症を防ぐため、高濃度ビタミンC点滴を受ける前は、一度必ずG6PDの検査を受けていただき、安全に治療が受けられるかを判断いたします。

検査方法

G6PD検査の流れは以下のようなものになります。

1.検査キットでの測定

G6PD活性測定キットにて少量の採血をとります。

2.結果判定

G6PD活性定性検査で活性有もしくは活性なしで報告があります。検査に異常がなければ、高濃度ビタミンC点滴が可能となります。

札幌市 中央区 日帰り手術 在宅医療 統合医療は札幌麻酔クリニックまで

〒060-0042
札幌市中央区大通西16丁目1番10号ITCセンタービル4階

札幌市営地下鉄 東西線「西18丁目駅 5番出口」 徒歩1分

  • 麻酔標榜医
  • 麻酔科学会 指導医
  • ペインクリニック 専門医
  • 臨床修練指導医

お電話でのお問い合わせ【完全予約制】

tel.011-633-2525

月・水・金
9:00~12:00、13:30~17:30
火・木
9:00~12:00、13:30~19:00
土・日・祝
休診
Copyright (C) 2016 Sapporo anesthetic clinic All Rights Reserved.