医療法人 札幌手術センター 札幌麻酔クリニック

札幌市 中央区 日帰り手術 在宅医療 統合医療は札幌麻酔クリニックまで

〒060-0042
札幌市中央区大通西16丁目1番10号ITCセンタービル4階
札幌市営地下鉄 東西線「西18丁目駅 5番出口」 徒歩1分
月・水・金
9:00~12:00、13:30~17:30
火・木
9:00~12:00、13:30~19:00
土・日・祝
休診
副作用がないから体に優しい健康、美容にも効果的今最も注目されるがん治療・がん予防法 高濃度ビタミンC療法

お電話でのお問い合わせ 011-633-2525 【完全予約制】

月水金
9:00~12:00/13:30~17:30
火木
9:00~12:00/13:30~19:00

高濃度ビタミンC療法とは

高濃度ビタミンC療法とは、高用量のビタミンC(12.5g-100g、およそレモン750-5000個分)を静脈から点滴をする治療法です。
少量のビタミンCは栄養としての効果しか発揮しませんが、高濃度のビタミンCはがん細胞に対し抗がん剤として働き、
さらに正常細胞に対しては活性化させることが明らかになっています。
ビタミンCを経口摂取で大量に取り入れても、吸収が悪くすぐに排泄されてしまいます。
一方、点滴で取り入れた場合、経口摂取に比べ、ビタミンCの血中濃度は20~40倍に増えます。
さらに、点滴のほうが身体の隅々までビタミンCが行き渡りやすくなり、高い効果が期待できるのです。

副作用の無いガンの治療法として研究が進められています

2005年、アメリカの公的機関・国立衛生研究所(NIH)の科学者が「高濃度アスコルビン酸(ビタミンC)点滴療法は、ガン細胞に対してだけ選択的に毒性として働く」と発表。1 ) 2 ) 副作用がなく、抗ウイルス、ガン予防、抗ガン、作用などが認められ、再評価され2006年よりアメリカで急速に広まった注目の治療法です。

副作用がなく、抗ウイルス、ガン予防、抗がん、全身の若返りなどの作用が認められ、2006年一気に全米に広がり、併せてマスメディアでも話題をさらった先進的な治療法です。現在、米国では副作用のない癌治療として約1万人の医師・自然療法医・統合代替医療医が導入し、米国各地で高濃度ビタミンC点滴療法の研修会が開催されています。

1)(MR21の点滴療法研究会)
2)(アメリカの国立衛生研究所(NIH)基礎研究論文)

どうして副作用がないの??

ビタミンCの血中濃度が400㎎/dLに達すると、血液内の鉄などの微量な金属とフェントン反応を起こし、過酸化水素を発生させます。
正常細胞は過酸化水素を中和させるカタラーゼという物質が含まれているのでなんの影響も受けませんが、がん細胞にはそれがないため過酸化水素が反応しがん細胞がダメージを受け、破壊されます。また、ビタミンCはがん細胞を攻撃、破壊するリンパ球を増やし、活性化させる働きもします。つまり高濃度のビタミンCは、正常な細胞にはなんの影響も与えず、がん細胞だけを壊してくれるのです

また、ビタミンCはミトコンドリアの機能を正常化し、免疫システムを刺激(インターフェロンの産生、マクロファージの食作用の亢進、NK細胞数の増加と遊走能の亢進)、P53遺伝子を安定化、P53遺伝子の障害を抑制し、化学療法あるいは高濃度IVCによるpro-oxidant効果によって引き起こされる突然変異を予防します。

すなわち、ビタミンCはがんの化学療法剤でありながら免疫力を高めるというこれまでにない理想の化学療法剤なのです

このようなケースに 効果が期待できます

この治療が有効ながんの種類についてはまだ研究段階ですが、以下のような場合などに効果が期待できます。

  • 標準的がん治療が無効な場合
  • 標準的がん治療の効果をより確実にする
  • 標準的がん治療の副作用を少なくする
  • 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる
  • 代替治療として希望する場合

有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します

健康や美容の面でも様々な良い効果があります!

高濃度ビタミンC療法は抗がん作用だけでなく、健康面やお肌のトラブルのお悩みも解決してくれます。

  • 01 美肌効果
  • 02 疲労回復 免疫力向上
  • 03 アンチエイジング
  • 04 がん予防

高濃度ビタミンCはこんな方におすすめです!

  • 風邪をひきやすい
  • よく倦怠感を感じたり、 疲れが溜まりやすい
  • がん予防を考えている
  • 肌荒れやニキビなど お肌のトラブルで悩んでいる

身体の健康を保つ4つの効果

  • 抗酸化作用

    健康な身体を保つには、体のサビを防ぐ「抗酸化」が重要です。 細胞を攻撃する活性酸素から守り、体の酸化を防ぎます。

  • 疲労回復

    疲労・倦怠感の回復と即効性があります。 また、ストレスに対応できる身体をつくります。

  • 免疫力向上

    体内のウイルスや病原菌を排除する「白血球の機能」を 強化して免疫力をアップします。

  • がん予防

    高濃度のビタミンCはがん細胞を殺し、 抗酸化作用でがん細胞の発生を抑えます。

活性酸素から身体を守る

「身体のサビ」とも呼ばれる活性酸素。細菌の体内へ侵入を防ぐなど良い働きをする反面、増えすぎてしまうと血管や細胞を傷つけ、がんなどの生活習慣病を引き起こす原因にもなり得ます。
そして、その原因は特別なことではなく、ストレスや紫外線などの何気ない日常生活で自然に発生してしまうのです。
高濃度のビタミンCは、身体の酸化を抑える働き(抗酸化作用)を持っているので体内で増えすぎた活性酸素から身体を守ってくれます。

健康だけでなくアンチエイジング効果も期待できます

  • 美 白

    メラニン色素を抑制し、
    お肌のシミ、くすみを防ぎます。

  • ハリ・弾力

    コラーゲンやエラスチンの生成を促し、
    ハリ・弾力のある肌をつくります。

  • 保 湿

    水分を強力に挟み込むセラミドの生成を促し、
    潤いのある肌をつくります。

  • ニキビ・肌荒れ

    余分な皮脂の分泌を抑制し、きれいな毛穴を保つことで
    ニキビを予防。抗炎症作用でトラブルを改善します。

美容、健康維持に興味のある方、 ストレスを抱えやすい日常を送っている方に ぜひ一度試していただきたい点滴治療法です。

高濃度ビタミンC療法は治療の副作用がないだけではありません。
肌や体の調子が良くなったというがん治療以外の効果も見られており、
さらにはリラックス効果・リフレッシュ効果もあります。
その為、健康や美容の目的にも使用されています。

治療方法

がん治療の場合、最初はビタミンC、12.5gから点滴を始め、だんだんと増量します。
最終的には血液中のビタミンC濃度を測定し、投与するビタミンCの投与量を決定します。

受診の流れ

STEP.1 診察予約

お電話にてご予約を承ります。

011-633-2525 【完全予約制】

STEP.2 初診

医師と面談を行います。

STEP.3 血液検査

初回の方は、G6PDの検査を行います。

STEP.4 点滴

超高濃度ビタミンCの点滴をおこないます。

  • 料金は投与量によって異なります。
  • 点滴時間は25gで約1時間になります。

治療プランの例

例)がんの場合

期 間3ヶ月6ヶ月1年後その他
頻 度 週2~3回週1回2週に1回月に1回

週に2~3回の点滴を3ヶ月間継続
その後の経過が良ければ週1回を6ヶ月さらに2週に1回を1年間
その後は月に1回行います。

治療を受けられない方

6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方はこの治療を受けることができません。
もしこのような病気がある場合は必ず主治医に告げてください。
なお、25g~50g以上の高濃度ビタミンC点滴療法を受ける場合に必ずG6PDの検査を実施します。(検査代が別途かかります)

品質・副作用について

副作用はありません!

高濃度ビタミンC点滴療法には、重大な副作用はありません。
むしろ化学療法による副作用を抑える効果があります。

高濃度ビタミンC点滴の品質

防腐剤を使用していない、 安全なビタミンC注射を使用しています

高濃度ビタミンC点滴では、防腐剤入りの国産ビタミンC注射薬は使用できません。
当院では外国製の、防腐剤の入っていない、安全なビタミンC注射薬を使います。
国産の注射薬には全て防腐剤(ピロ亜硫酸ナトリウム, チオグリコール酸ナトリウム)が添加されているので、高濃度ビタミンC点滴には向きません。

安全に輸送されている製品を使用しています

当院では、アイルランド工場から冷蔵コンテナで日本に輸入しているマイラン社製ビタミンC注射液を使用しています。(ビタミンC注射薬は厳密な温度管理が必要なため、製造工場からクリニックに届けるまで2℃~8℃の冷蔵保管が義務づけられています。
中にはこの規則を守らないで、冷蔵せずに輸入する業者がいます。)

医師のご紹介

院長 金谷 憲明

■ 経 歴

昭和60年
札幌医科大学医学部 卒業
昭和60年
昭和60年 札幌医科大学医学部研修医
市立旭川病院、日鋼記念病院、市立小樽病院など
道内の複数医療機関で麻酔、救急医療、集中治療に従事
平成4年
札幌医科大学医学部助手
平成8年
米国 Cleveland Clinic Foundation 研究員
平成11年
札幌医科大学医学部講師
平成15年
米国 University of Massachusetts Medical School 客員教授
平成17年
札幌医科大学附属病院外来医長
平成18年
札幌医科大学医学部助教授
平成19年
札幌医科大学医学部准教授
平成19年
小樽商科大学 大学院 卒業
平成21年
社会医療法人社団
カレスサッポロ 統括経営管理部長
平成23年
札幌麻酔クリニック 院長
平成24年
医療法人札幌手術センター 理事長・院長
■ 免許・学位
昭和60年
第79回医師国家試験合格
平成7年
札幌医科大学 医学博士 取得
平成19年
小樽商科大学 経営管理修士MBA 取得
平成22年
「人間社長塾」修了
■ 認定医・専門医
  • ・麻酔科標榜医
  • ・麻酔科専門医
  • ・ペインクリニック専門医
  • ・産業医
  • ・健康スポーツ医
  • ・抗加齢医学会専門医

副院長 金谷 潤子

■ 経 歴

昭和58年
札幌南高等校 卒業
平成2年
札幌医科大学医学部 卒業
平成2年
札幌医科大学大学病院麻酔科
平成3年
市立小樽病院麻酔科
平成17年
新さっぽろ脳神経外科回復期病棟
平成19年
時計台記念病院リハビリテーションセンター
平成21年
西円山病院回復期病棟

お電話でのお問い合わせ 011-633-2525 【完全予約制】

月水金
9:00~12:00/13:30~17:30
火木
9:00~12:00/13:30~19:00

札幌麻酔クリニック 公式サイト

医療法人 札幌手術センター 札幌麻酔クリニック

〒060-0042
札幌市中央区大通西16丁目1番10号ITCセンタービル4階
札幌市営地下鉄 東西線「西18丁目駅 5番出口」 徒歩1分

お電話でのお問い合わせ 011-633-2525 【完全予約制】

診療時間
9:00~12:00
13:30~17:30
13:30~19:00

※休診/土曜日、日曜日、祝日

医療法人 札幌手術センター 札幌麻酔クリニック

Copyright (c) 2017 札幌麻酔クリニック. All Rights reserved